やすんでいた

いろいろあって、いろいろあったので、ブログを3ヶ月ぐらい休んでいた。削除してしまおうか、とも思ったけど、非公開? の設定にしておいた。けれども、またぼちぼち、はじめようと思う。今日以降はずるずるした日記みたいなことしか書かなくなるかもしれない。私自身はもうそれでいいというか、それがいい、と思っている。

ずっと、がんばっておもしろいことを書かねばならない、と思っていた。私のようなものは、誰かがくすっと笑ってくれるようなことを書こうと必死でがんばるぐらいしか生きてる意味がないんだ的なことを考えていた。でもそんなことを考えるのはもうやめようと思った。私は私がいちばん大事なので、もう私をその謎のがんばりから解放してやろう、と思った。

いろいろあって、他のひとのブログもあんまり見に行けなかったんだけれども、今日何年も読んでるブログを読みにいったら「以前から読んでるブログが限定公開になってた」ということが書いてあって、私のブログのことかな、もしそうだったら、なにかへんな誤解をさせたかもしれないので申し訳ないと思ったけれども、ちょっとうれしいような気もした。その人の記憶というか意識の中に、私が書いたものは存在していたのだな、というような色合いのうれしさだった。
でもやっぱり申し訳なさのほうがつよい。
それが私のブログの話ではなくて、単なる取り越し苦労という可能性もあるけれども。

いろいろあって、というのは便利な言葉だとあらためて思った。小説には「ヨシ子はいろいろあったので、両手にはめた下駄で琢郎を殴ったのであった」とか書くわけにはいかない。読者の人が怒るし琢郎も完全に殴られ損だし、とにかくよくない。そもそもヨシ子はなぜ下駄をはいてるのか。クロックスではだめなのか。そのあたりははっきり結論を出せぬまま、書きおえる。