読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザ

インフルエンザになった。10月末に予防接種を受けていたが、そろそろ効果が薄れるのかな、というこの時期に見事にかかった。日曜から具合が悪かった。今日は水曜で、随分マシになった。

ところで私がちょっとしたトラブルにあったとか体調不良のことを書くと「悩みは特にありませんとか嘘じゃないか!悩みあるじゃないか!」と鬼の首でも取ったように言ってくる人がいて、普段から読んでくれているわけでもなさそうなのにそういう話題の時だけ絶対出てくるから不思議だな、と思っている。私はちょっとしたトラブルや体調不良は生きてたら必ずあるものだと思っているので「悩み」にはカウントしてないです。
「あらゆる手を尽くしても尚状況が改善されず、常時そのことが頭を離れない」という事柄だけを悩みと呼んでます。

今回ほんとにしんどくて、月曜の朝に病院が開くまでの時間(20分ぐらい)ちょっと休んどこ、と思って目を閉じたらそのまま動けなくなってテーブルとおもちゃ箱のあいだの50センチぐらいの隙間で数時間眠って(倒れて?)いて、結局午前の診療時間ギリギリになってしまい病院の人たちに申し訳なかった。
その翌日もちょっと動いただけで肩で息するような状態で、あまりのしんどさに洗濯物を干しながらちょっと泣いた。

あと頭というか鼻から上が全体的にズキズキと痛むというか、いやあれはズキズキではなかった、ズキュンズキュンだった、特に目が脈打つたびに激しく痛んで「飛び出せ! 眼球!」みたいな感じで、ほんとに飛び出してきたらどうしようみたいなことをわりと本気で何回も思った。
夫のお母さんがお夕飯を作って届けてくれたり、保育園の送迎をしてくれたりして、ものすごくものすごくありがたかった。

2月中旬から書きはじめていた小説を3月末に書き終えた。400字詰原稿用紙400枚分ぐらい。(私は勢いに任せて書いた後に時間をかけて何度も書き直すタイプなので完成形には程遠いけど)
明確なしめきりが定められていたわけでもなく、この日までに送ります、と自分自身が示した期日、というのがあるだけで、それもまだ先の話で、だからそんなに急いで書く必要は全くなかったのだが、個人的に焦る事情があって必死こいて書き続けてしまった。睡眠時間を削って、というよりは例えば21時に息子と一緒に寝ても2時か3時に「ハッ!書かな!」と自然に目が覚めるような案配であんまり健康的な生活とは言えなかった。
その結果見事にインフルエンザにやられてしまい、しかもそうなるまで自分がそれぐらい疲れている、弱っている、ということがわかっていなかった。

やっぱり毎日7時間半ぐらい寝る生活に戻ろう、と今は思っている。いや思い出したけどちょっと前までは9時間ぐらい寝てたんだったわ。それは寝過ぎだわ。

というわけで皆さまもインフルエンザ的なものにはお気をつけください。あいつら4月になってもまだまだ活動してますぜ。