読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新年のごあいさつ(ペリー式)

2016年になりました。本年もよろしくお願いいたします。

昨年は私にとってものすごい一年でした。冷蔵庫の扉に頭をガスガスぶつけながら書いた小説が本になったり、それをオーディオドラマにしてもらったり。でもなんとゆうてもブログを読んでくれてる方々から「本買いましたよ!」「おもしろかったよ!」と声をかけていただいたことがベリー嬉しかったです。ペリーじゃねえから。黒船来港してねえから。
たくさんの人に応援してもらっているということ。それを実感した一年でした。はじめてのことばかりで不安でしたが、皆さまのおかげで最初の一年を乗り切ることができました。ありがとうございました。

ベリー嬉しいことがたくさんたくさんあったにも関わらず、昨年の私は枕元に立った先祖の霊から「寺地よ……調子に乗ってはならぬぞよ……」と言われたというだけの理由で、なにがあってもあまり喜ばないようにしていました。先祖の霊から「寺地」と呼ばれていることについては気にしないでほしいぞよ。
でも、そんなだとちっとも楽しくないということに気付いたので、2016年は些細なことでもいちいち「ッシャーオラァァ!」とか叫びながら両手でガッツ(石松)ポーズをきめるなどして喜んでいこうと思うとります。

子どもの頃、毎年元旦の朝に「今年の目標」を言わされていた(言うまでおせちを食べられなかった)後遺症で、大人になってからも毎年目標を考える癖がついてしまっています。まあ節分ぐらいには忘れるけどな。
2016年の目標はもっとたくさん小説を書くということと保育園関係で忘れ物をしない(息子に迷惑をかけない)ということと、あと日曜に近所の公園に行くためだけにいちいちリポビタンディーを飲まなくてもよいぐらいの体力を手に入れたいよねということ、の三つです。三つ目についてはいまのところ具体的な方法が全然思い浮かばず、新年早々ペリー困ってます。黒船来ちゃったねコレ。開国するしかねえわコレ。