読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

腸ウレスィーヨロレイヒィー

 

小説 野性時代 第142号 (新野性時代)

小説 野性時代 第142号 (新野性時代)

 

 インタビューのってます。

私は喋るのがへたくそなので、取材していただいた時にはだいたいモチャラモチャラしているうちにすぐ一時間ぐらいベロベロ過ぎてしまいます。にもかかわらず完成したインタビューの記事のなかの自分は、ちゃんとしたことを喋るまともな人みたいになっているので感動的です。

 

感動的といえば今朝洗濯物を干しながら「そういえば『はぐれ刑事純情派』というドラマ、両親が昔よく観ていたけど、いつ終わったのだろう、どんな最終回だったのかしら、あの縮まりそうでなかなか縮まらない微妙な距離感のスナックのママとは結局どうなったのかしら、接吻のひとつもしたのかしら」とふと思い、調べる時間もなかったので勝手に安浦刑事がクリスマスの夜にビルを占拠したテロリストと戦って勝っちゃう感動的な最終回を想像して五分ぐらい楽しみましたがすぐ飽きました。なので正確な最終回の詳細は不明なままです。

 

詳細が不明といえば最近フェイスブックで友達申請をされる機会が増えまして、それは良いのですがなんか誰だかよくわからない人ばっかりなので承認していいのかどうか判断がつかぬまま保留してしまっています。もしかしたら中学とか高校の同級生なんかなあ、という記憶にあるようなないような氏名ではあるのですが、不明です。そもそも私はフェイスブックへの投稿を二年近くしていないし、友人の子どもの写真を見たいがために利用しているようなところもあるので、友達の友達しか申請できない設定とかそんなんじゃなくて、「そもそも申請ができない設定」があったらいいんだけどヨーと思ったのですが、マー無理だろうねとも思っているので、そのうちに退会してしまいそうな気がするのです。

ちなみに登録したてのころはこのブログと同じぐらいの濃度と温度でもって文章を書いていたのですが、友人に「長いから読む気にならんわ」と比較的キツめの態度で指摘されたので「子どもと万博公園へ☆」みたいなことを画像つきでのせたらみんなにいいね!いいね!されました。ウーレシィー。腸ウレスィー。ヨロレイヒィー。

このへんでおわります。テンションが低いのは夏の太陽のせいさ。(とにかく暑いのが苦手さ)

 

 

www.nhk.or.jp

何回言うねんっていうぐらいしつこく宣伝するよ(頼まれもしないのに)

 

 

 

ビオレタ (一般書)

ビオレタ (一般書)

 

 何回言う(以下同文)