読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポヘーピンハイター

このあいだ若い女の人に、子どもを生んでよかったことはありますかと尋ねられました。その時はちょっと時間が無くて「いっぱいあるよ」としか答えられなかったので、今ここで答えとこうと思います。

私は二十歳ぐらいの頃、もし自分に子どもが生まれたらお菓子とか一緒に作りたいなあと思っていて、あとキャラクター商品とかはカッコ悪いから家に置きたくないな、だから仮面ライダーとかプリキュアとか絶対見せんとこ、と思っていました。要するにその時の自分が好きなものを自分の子どもにも好きになってほしい、という気持ちだったのですね。

でもいざ生まれてみますと、うちのおもちくん(息子)は製菓どころかフルーチェに牛乳混ぜよう程度の誘いでも「えっぼくいま戦ってるんですけどォー」と断ってくるような子でした。
風に舞うカーテンに剣(ラップの芯)を片手に勇敢に立ち向かっていくようなヒーローっぷりです。なので誘わなくなりましたし、あと自分自身が面倒になってきたのもあって、なんかもう市販のお菓子でもふたりでおいしいねーって食べられたらそれでよかと思いました。

あと子どもが生まれて以降、何を買うにも自分が好きか嫌いかじゃなくて「子にウケるか否か」を判断基準にするようになりましたし、そうするとキャラクターグッズみたいなのがどんどこ増えていって、我が家は現在ジバニャンたらいうお猫だらけです。(フリカケとか)

おもちくんは仮面ライダーと戦隊が大好きで、あとウルトラマンも好きで、一緒に見てるうちに私も大好きになってしまい、先日終了したトッキュウジャーなんかはおもちくんより前のめりで見てました。虹野~!ヘルメットゥ~!フゥ~!とか言いながら。

だから前述の問いにちゃんと答えるとするならば、私は「好きなものが増えた」ことが一番良かった、です。
もちろん自分の好きなものを好きになってくれたとしてもきっと嬉しかったでしょうけれども、自分の好きなものは今まで通り自分ひとりで楽しめばよいのだし。

おもちくんには好きなものがたくさんあって、次は一体どんなものを好きになるのだろうといつも楽しみなのですが、先ほど今いちばん好きなものは何ですか、とインタビューしたところ「ポヘーピンハイターやで」という答えが返ってきました。ポヘーピンハイターって何ですか。絶するゥ~。想像を絶するゥ~。誰か知ってたら教えてください。ポヘーピンハイター。