読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3本ぐらい道連れ

大丈夫だよって言いたい。私はとにかく君たちに大丈夫だよって言いたい。たとえば「性格が暗い 悩み」で検索してくる人があとをたたないんだけども、暗くてもなんとかなるから大丈夫だよって言いたい。私も18歳ぐらいまでまともに人の目見て話せなかったけどなんとかなるから。バイトの面接に落ち続けて明日のパンに困るようになったら、もうなにがなんでも人の目見て話そうとがんばるようになるしそうなりゃ「イラッシャッセー」みたいな声もなんとか出せるから。大丈夫よ。

次に「育児雑誌読まない」の人ね。大丈夫、私も読まない。昔は読んでたけど「育児のストレスは赤ちゃんを一時間パパに見てもらって外でゆっくりお茶を飲むだけでも随分スッキリする」みたいなことが書いてあって、「一時間パパに見てもら」うなんてことが可能ならこんなにストレス溜めてねーわって完全に失望したので全部焚書しました。ごめん嘘、資源ゴミに出しました。
持ってないものを数え嘆き、他人を羨んで生きるのはむなしいことです。だから読みませんが子もなんとか三歳になりました。読まなくても大丈夫なんじゃないでしょうか。
あと「美容院 本 なんかちがう」で検索してきた人ね。おおかたあれだろナウなヤング向けファッソン雑誌を所望したのに『婦人公論』でも渡されたんだろ。でも大丈夫だよ。私ぐらいの兵になると『深海生物のふしぎ』みたいな本を渡されちゃうからね。『特選街』とかいうようわからん電化製品がいっぱい載ってるらしい雑誌を渡されたこともあったから。四の五の言わずにこれでも読んどけやみたいな感じでね。
なんで「載ってるらしい」という曖昧な表現なのかというと、読んでいないからですよ。適当な頁を開いたまま虚空を見つめてひたすら仮面ライダー鎧武のメロンの人のことを考えていました。夫がメロンの人めっちゃ男前とか絶賛していたのに影響されて私も好きになってしまったんですけど、最近になって夫が「なんだかんだ言ってバナナの人が一番カッコ良かった」などと言い出したので何となく「裏切られた」というような気持ちになりました。夫婦って難しいですね。

それから美容院で思い出しましたけど私の頭が最近白髪多発地帯になっていて、まあ父も40代でほぼ白髪だったので現在37歳の私が多発地帯なのはおかしなことでもなんでもないんですが、まあでもあれかな、そろそろ白髪染めも視野に入れるべきかななんて思って美容師さんに「これそろそろ染めるべき?」って訊いたら「そろそろ染め」ぐらいで食い気味に「あー大丈夫です大丈夫です、まだまだ大丈夫」って返されたんですけどどう思いますか。絶対適当に言ってるだろって思いますよね。大丈夫ってことばはなんかこう早口で連呼されるとものすごくいい加減に聞こえますよ。
ちなみに白髪は今のところ見つけるたびに抜いてますが毎回黒いのを3本ぐらい道連れにしてしまうので精神的なダメージがすごいです。へんな声が出ます。フガッて。ンフゥガッてね。おわりです。